スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早起きを求めて

仕事と育児と絵を描くのをうまく天下三分の計にするには早起きするしかないと気づいて半年でしょうか。
順調に起床時間が早まっています。

当初は6時で征服感を得てましたが、最近は4時起きができるようになり、5時起床は寝坊したと思うようになりました。

熟睡王子として名を馳せた高校時代には想像もできなかったことです。人は成長するものです。

達人になると1時半に起きるとのこと。

さすがにただの夜更かしではないかと思いますが、自分の時間を充実させるという点においては理想的かもしれません。

ただ、あまりにも朝早いと14時から17時が結構眠くなります。
一時期3時に起きたりしてましたが、夕方あたりがきついです。今は4時くらいがいろんなバランスを取るにもよいように思います。

すごい事実をひとつ
4時から仕事を始めると12時には8時間労働となっているのです!
アフター12時ってすごい征服感でないですか?
1日を2倍使ってる気分になれますよ。

独身の方、是非野望達成の共に。

しかし、あまり分刻みに切り詰めた生活をしていると心臓が痛くなりますね。ほどほどに。では!

早起きのサイト
http://plaza.rakuten.co.jp/getupearly/007000
スポンサーサイト

Tag : ヒゲ伯爵

あらがうなかれ~早起き談義5~

家庭の時間として、17時から21時までを何とか確保しなくてはいけなくなりました。

人生の足かせと言われればそうかもしれません。
とは言え、子孫繁栄は人類の責務なので、拒絶してはいけません。
受け入れましょう。あーめん

今までは22時から夜なべしてと仕事などしていましたが、理屈で分かっていてもパパッと切り替わりません。

どうしても目の前にあるテレビや本につい心が奪われます。
子供も寝付かないと21時は22時になり23時になったりします。
ウダッとしていたら0時前。

そして必死に机に向かっても1,2時間でノックアウト。

育児は精神も体力も消耗するのです。

そう、大波にあらがうのならば、いっそ身を任せて早々と寝てしまった方がよいと気づくにいたりました。
続く

Tag : ひげパパ

会社タイムとの折り合い~早起き談義4~

朝8時から9時
夕方5時から8時


休日この時間帯を奥さんを手伝う時間に当てたら、他の時間に仕事や映画を観に行っても、あまり目くじらを立てられなくなりました。

大変よいことです。

仕事は充実すれども、家庭がよろしくないと、家に帰っても針のムシロに座っているようなものです。

平和に越したことはありません。

では一方の仕事はどうでしょう。

自分は人と関わったり、締切に合わせて仕事をしているので、定時とかいうのはありません
ですので、ハチャメチャな生活になりやすいのです。

救いは始業が10時なので、朝の8時から9時のお務めは可能です。

会社に行っている時は奥さんもさすがに「5時に戻ってこい!」とは言いません。
ただ、7時か8時に戻ってというプレッシャーは受けます。
と言って、仕事も切りあがらないのが悩ましい話。

が、会社に行く日もある程度の育児タイムを捻出しないと、溜まりたまってベスビオス火山が大噴火します。

噴火を見るのはよいのかもしれませんが、溶岩等は自分のみ直撃するのでやはり避ける手だてを考えないといけません。

だんだん本題に入ります。

続く

Tag : ひげ仙人

育児タイムを発見する~早起き談義3~

子供は24時間油断なりません。
一瞬一秒が大事故につながります。

とにかく目が離せないのです。

なので、ママ一人、パパ一人がずっと育児をするのは、子供かわいいとは言え、とてもストレスが溜まります。
おばあちゃん、おじいさんが近くにいると、とても助かるというのがよく分かりました。

自分の場合、そうではないので、やはり自分も育児に参加しないといけません。

だんだん気づいたのですが、肝は

奥さんを気楽にさせる

育児のストレスは、自分のやりたいことを子供に阻まれるとか、子供の面倒を見ながら、何かしないといけないという、右手で書道を、左手で料理を。という状態がよろしくないようです。

忙しい頃合いに子供の相手をしていると奥さんは機嫌が直るのに気づきました。

そして時間帯も発見しました。ドーン!

朝8時から9時
夕方5時から8時


このトータル4時間だけでも献身的に過ごせば、後は平和になるのです。

仕事と家庭の両立の糸口が見えてきました。続く

Tag : ひげパパ

家庭と仕事の両立~早起き談義2~

子供が生まれてから、仕事も充実、家庭も円満という二重円満は何だか難しいことであると気づいてきました。

当初は「旦那は外でバリバリ仕事してればよいか」
と思って実践していたら

アッと言う間に奥さんが発狂してしまいました。

子供はペットでないので、旦那さんも育児に協力しないとイケナイと気づき、奥さんの指導の元、育児、家庭に専念していたら

仕事しっかりしなさい!

という会社の皆様からのお叱りの声。

無理が通れば道理引っ込むと言って正しいのか分かりませんが、とにかく、どちらかの顔を立てようとするとどちらかの顔は立たなくなってしまうのでありました。

いったい、周りの方やむかしの人はどうやってうまくバランスを取っていたのでしょう。

しばらく頭にレンガが降りしきるような日々を送ります。続く

Tag : ひげ迷い人

 | ホーム |  次のページ»»

プロフィール

安楽雅志

Author:安楽雅志
「ひげラク商店」と称して名古屋にてレトロなイラストを中心に描いています

画廊

昭和レトロでまぬけな絵をご覧下さい

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。