スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホスピタルクラウンのドラマ

昨日金曜日の話ですが、自分が勤めている会社プレジャー企画の社長をモデルにしたドラマ「笑顔をくれた君」が放送されました。 社長はクラウン(世間ではピエロとよく言いますが正式にはクラウンと言うそうです)として様々に活動しています。 クラウンの可能性を広げる活動の一環として、主に小児病棟にてお子さん達を勇気づける活動も行っており、それが波紋を呼んで今回のドラマ化となったそうです。 あまりにも身近な方の存在をリアルにドラマ化しているので、何だかむずがゆい気分でテレビを見てました。 「病気は笑いで救えるか」というメインテーマを主軸にしながら同時に、潰れそうな病院に院長、クラウンが奮闘するという、「経営を笑いで救えるか」というとても荷の重い課題までのしかかり、一筋縄ではいかない話でしたが、ほがらかに終わりました。 ドラマを見た方でホスピタルクラウンに興味を持った方は以下の本をお勧めします。 ホスピタルクラウン 大棟耕介著 一体何の活動だったのかという疑問に、正しい実態とまじめさ、愉快さを答えてくれます。~終わり~

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

安楽雅志

Author:安楽雅志
「ひげラク商店」と称して名古屋にてレトロなイラストを中心に描いています

画廊

昭和レトロでまぬけな絵をご覧下さい

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。