スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫匠乃(むらさきたくみの)のつけ麺

先月、東京亀有にあるつけ麺屋、紫匠乃さんにて看板を納品してきました。
当日は諸事情で施工できませんでしたが、数日後、店主様から連絡が来て「取り付けたよ!」とのこと。

どんなのか気になるのですが、未だ自分は見れてません。

気になりますがここは納品手前あたりの写真を。
111118murasaki2
紫匠乃の看板(途中)
盛り上がれ麺!って気持ちで描きました。

でその麺ですが納品の際にいただきました。
111118murasaki1
紫匠乃のつけ麺
恥ずかしい話ですが今回の依頼をいただくまでつけ麺というものが何か分かってませんでした。

ラーメンは麺とスープが合わさり自我を発揮している印象ですが、つけ麺は麺の存在感が大きいです

「スープなんてなくても私は生きていける!」

という自立心をつけ麺の麺から感じることができます。

何件かつけ麺屋さんに行き少し比較ができるようになりましたが、紫匠乃のつけ麺は香りだかくもっちりあっさりしています。

おいしかったです。お腹いっぱいになってしまいました。

つけ麺を食べて自立心ををお裾分けしてもらいましょう。おしまい

つけ麺屋 紫匠乃
http://ramendb.supleks.jp/shop/5361

Tag : ひげ店主

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

安楽雅志

Author:安楽雅志
「ひげラク商店」と称して名古屋にてレトロなイラストを中心に描いています

画廊

昭和レトロでまぬけな絵をご覧下さい

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。